一度きりのアコム選びのつもりで選んでくださいよく聞くコトバ、バブル経済(economic bubble)というのは時価資産(例:不動産や株式など)の市場での取引金額が過度の投機により実経済の成長を超過してなおも高騰を続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指すのである。つまり金融機関の評価の解説。信用格付業者が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社...

まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から重要業務である金融制度の企画立案事務を移管したうえで西暦1998年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁として組織を変更。21世紀となった2001年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。実際に行ってみて分かった日本円が人気のヒミツ4きちんと知っておきたい用語。外貨MMFとは何か?現在、国内で売買が許さ...

きちんと知っておきたい用語。バブル経済(わが国では平成3年まで)について。不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産が取引される金額がでたらめな投機により経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。平成10年6月に、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)が所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するも...